ラジロースタイル

40歳でサラリーマンからFPとしてフリーランスに。自閉症スペクトラムの子育てと独居父親の介護とダブルケアを実践中。四十にして惑わずをモットーに、いろなことにチャレンジしたいおじさんです。児童福祉の現場経験が長いFP2級保持者です。

スポンサーリンク

超簡単!子どもの寝かしつけに童謡が効果的だった

スポンサーリンク

この記事をシェアする

みなさんこんにちは、ラジローです。

 

f:id:rajiroh:20200211215123p:image

 

6歳の息子Kの寝かしつけに、Amazonミュージックの童謡を流してみました。

 

一曲目が「ふるさと」渋いなアレクサ。

 

二曲目が「鬼のパンツ」

 

これはさすがに息子Kも口ずさんでしまいました。

 

三曲目「ミックスジュース」

 

あらま。

 

見事に息子が寝落ちしました。

 

なんとはなしにかけてみたところ、意外と早い寝落ち。

 

疲れているのかなんなのか。

 

これは意外と効果的面かもしれない。

 

6歳にして、童謡で寝かしつけできたら、こんなに助かることはない。

 

昔話を流すと内容を聞いているんですよね。

 

確かに、物語は「聴きたい!」って思わせてくれますよね。

 

BGM的に流しているだけ、考えもせずに聴くだけっていうのがやっぱり効果的なよう。

 

息子は4月から一年生になるので、昼寝はさせていません。

 

昼寝の癖が抜けないと、授業中眠たくなってしまいますからね。

 

今日は公園で遊ばせていないので、そんなに疲れていないと思います。

 

寒いので、近所のショッピングセンターへ行って本屋をのぞいて帰ってきたくらいです。

 

なので疲れて寝落ちというわけではなさそう。

 

明日も検証してみて、3曲目で寝るのなら、こんなに助かることはありません。

 

子どもを寝かしつけたあと、食器を洗って洗濯物を干してという家事が待っていますので。

 

こっちが寝落ちしてしまうと、すべてが後ろ倒しになってしまう。

 

そうなると、ほんとに時間がもったいない。

 

子育ては一分一秒を争う戦いなのです。

 

あぁ、いかん。

眠くなってきた。

 

食器がそのままだ・・・ガンバレ自分!

ファイト!!闘う君の唄をぉぉ♪

 

 

起きます!

 

以上です。

本日もラジローのブログをご覧いただき、ありがとうございました。

f:id:rajiroh:20200211215657j:image

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク