ラジロースタイル

40歳でサラリーマンからFPとしてフリーランスに。自閉症スペクトラムの子育てと独居父親の介護とダブルケアを実践中。四十にして惑わずをモットーに、いろなことにチャレンジしたいおじさんです。児童福祉の現場経験が長いFP2級保持者です。

Lenovo x1 carbon のWWANをいじったらほとんど3Gしかつかまなくなった話

この記事をシェアする

 

 

みなさんこんにちは、ラジローです。

 

今日は愛機「Lenovo x1 crabon」の通信モジュールをいじったらLTEをほとんどつかまなくなってしまった話をします。

 

f:id:rajiroh:20190716124524j:plain

黒ではなくあえてシルバー

f:id:rajiroh:20190716124545j:plain

キーボードはこんな感じ

 

 

 

最初の設定でつまる

フリーランスになるにあたって、使えるノートPCをメインにしようと思い、いろいろと評判をめぐった結果、LTE通信可能なLenovoのx1carbonを選択しました。

 

simはOCNを使用しています。

 

最初simを差し込んだ時反応しませんでした。「設定」から「ネットワーク」へ進んでも「携帯電話」の項目が表示されず。
サポートに電話してもうまく伝わらず(「でてないってことがあるの?」という感じ)でほとほと困っておりましたが、再起動するとあっけなくsimを認識してタスクバーにアンテナが立つようになりました。

 

ところが、スリープ状態などから復帰すると圏外表示のまま接続に時間がかかる状況がありました。感覚的に3分程度はかかっていると思います。ネットでもみなさん困っている症状のようです。

 

こんなんだったらポケットwifiあるいは、スマホをデザリングしたほうが早いな・・・と困っていたのです。

 

 

いろいろ検索してみると

しかしいろいろ検索してみると、「既定のAPN 削除」で解決方法を指南しているブログがでてきました。どうやら「mopera」のAPNが規定となっており接続を邪魔している、そしてmoperaのAPNを簡単に削除できない、コマンドプロンプトで削除を実行するというものでした。

 

早速既定の参考ブログを読んで既定のAPNを削除、すると携帯電話の通信の接続が以前よりスムーズになりました。

 

ところが・・・

 

f:id:rajiroh:20190716125223j:plain

見たことない表示・・・

今まで「LTE」と表示されていたところが、見慣れぬ表示に・・・。早速UMTSを検索してみると3G の通信規格のようです。

ときどき「HSDPA」という表示にも変わります。同じ3G通信規格のようです。

 

「なにっ!4Gじゃないのかよ!」

 

と焦ったところで時はすでに遅し。

 

戻す方法がわかりません。Lenovoサポートに問い合わせたところ、「レジストリの変更はサポート対象外です」とのことでした・・・ガッデム

 

ネットで何でも検索できる便利な時代ではありますが、実行するのは自己責任だなぁと実感しております。

 

タブレットのsimと交代して差してみたところ、一日だけLTEの表示が出て翌日から3Gの表示に戻りました。既定のAPNにmoperaもXiも復活していました。しかし、LTE表示が継続してくれません。

 

3Gの速度

3Gではどれくらい速度が出るんだろうと思い測定したところ、

速度測定の画像

地方都市の午後1時現在の速度

 

 

 

ちなみに利用した速度測定のページはグーグルで検索して一番上に出てきた下記のサイト。

fast.com

まぁOCN自体がそんなに速度が出ていないと言われればそれまでですが、なんだか残念な気分です。

 

ドライバーの更新かと思い、「Fibcom」で検索してでてくるLenovoのサイトからフィルをダウンロードして実行しても「ドライバーは最新です」と出て、再インストールしてくれない。ドライバーのプロパティには「ドライバーの削除」というボタンが見つからない。

 

システムの復元ポイントをきちんとつくっておけばよかった・・・

バックアップしておけばよかった・・・

 

既定のAPNの削除でLTEへうまくつながるようになったという方もいますが、私の場合は「接続は早くなったが、LTEをつかまない状況」になってしまいました。

 

ひとこと

時間がかかってもLTEにつながるという方は、冒険しないで現状で何とか過ごすという方法もありかと思います。

 

以上です。

本日もラジローのブログをご覧いただき、ありがとうございました。