ラジロースタイル

40歳でサラリーマンからFPとしてフリーランスに。自閉症スペクトラムの子育てと独居父親の介護とダブルケアを実践中。四十にして惑わずをモットーに、いろなことにチャレンジしたいおじさんです。児童福祉の現場経験が長いFP2級保持者です。

親父の存在について

この記事をシェアする

みなさんこんにちは、ラジローです。

 

昨日親父が倒れて焦ったという話を書きました。

 

15年ほど前、おふくろが末期がんで亡くなってからというものの親父の独居が続いています。

 

正直これまでの間、親父については、いい思いはありませんでした。

仕事人間だったため、家事をまったくしない、おふくろに厳しいなどいい思い出がないのです。

 

最近特に嫌だなと思うことが、「家が汚い」ということでした。掃除をしないので家は汚れていきました。

子供たちや妻に実家をを見せるのがだんだんと苦痛になってきました。

親父委に除をしてくれと言っても、「わかったわかった」と言っては掃除をしません。

清掃サービスを入れようよと言っても「大丈夫大丈夫。今は必要ない」といい取り合ってくれません。

 

毒親ではないけれど、その存在が重荷になっていくという実感は少なからずありました。

 

「どうしようどうしよう」とずるずる進んで15年。

 

家の中がゴミ屋敷とまではいきませんが、においやほこりっぽさであふれています。

 

近年は毎週末に親父を連れ出しては、孫(いわゆる私の子)と遊ばせるようにしていましたが、正直「親父が元気なのもめんどくさいな・・・」と思うこともありました。

 

子育てに忙しいと実家に行くのもおっくうだと思うのです。

実家の両親が元気だとそりゃ実家に帰るのが楽しいでしょう。

しかし戻るたびに汚れていく実家を見る現実は、少しずつ心をむしばんでいくのかもしれません。

「いつでも迎えるよ手伝うよ」と言っているけどいざ迎えをお願いすると「場所が若なんない」

 

結局難儀なんだろ・・・そう思う自分がいました。

 

しかし、実際親父が倒れた姿を目の前にすると「死ぬな、親父死ぬな」と心の中で思っている自分がいたことに驚きでした。

 

驚くでしょう。

親父を死ぬなと思うのはあたり前です。

 

しかし、それに驚く自分がいるのです。

 

昨日の出来事は確実に私の心を動かしました、いえ揺さぶったとでもいいましょうか。

 

親父の「大丈夫」に立ち向かわなければならない。それは本人の意思は尊重すべきでしょうが。

 

しかしこのままではずるずるとへたっていく親父を見るだけでいいのか。

少ない余生を孫と家族とどう過ごすのか。

 

考えていかなければなるまい。

 

ふつふつとそんな感情が沸き上がってきた今朝でした。

 

以上です。

本日もラジローのブログをご覧いただき、ありがとうございました。